歯科

審美歯科の治療内容|歯のコンプレックスは審美歯科治療で解消しよう

入れ歯との違いと費用

歯医者

歯周病や虫歯をそのままにしておくと、最悪の場合歯を失ってしまうかもしれません。大人になってから歯を失ったら、もう二度と生えてきません。虫歯や歯周病だけでなく、思いがけない事故で歯を失ってしまうこともあるでしょう。そんな時は、インプラントか入れ歯を使うことになるでしょう。昔から使用されている入れ歯はバネで固定するため、入れ歯の両サイドの歯に負荷がかかってしまいます。また、入れ歯はがっちり固定することができないのでぐらつきやすく、硬い食べ物を噛むことができません。入れ歯を装着したときに隙間があるとそこに食べ物のカスが詰まってしまい、口内が不衛生になってしまうというデメリットがあります。一方インプラントは人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工歯を被せることで、見た目が自然で尚且つ硬いものでも噛むことができます。インプラントのメリットは、入れ歯と違ってぐらつくことがないということです。しかし、費用の面で見ると入れ歯は保険が適用されるので比較的安いのですが、インプラントは保険が適用されないことがほとんどなので、全額自費での治療になります。だいたい1本あたり30万~50万円くらいとされています。歯を失った時の治療法としてブリッジという方法もありますが、健康な歯を削らなければならないということに抵抗があるという人も中にはいます。それぞれの治療のメリットとデメリットを比較した上で、自分が一番納得のいく治療を受けることが大切です。